手技療法と骨盤矯正

ブログ ブログ カイロプラクティック

8までNO.1
腰痛とは?。

腰痛(ようつう)とは、腰(こし)のところに疼き炎症などを生ずる病状を指し示す語句。

NO.2
世界の腰痛事情。

地域で行政や学会の政策文化や生活様式、しきたりが異なっていても腰の病気の発症の頻度はおおむね変わりないのである。

WHOの文書では次のように表現されている。

「腰部(ようぶ)の疾患の発症する確立や有病割合は、各地域のたくさんの場所でおおよそ同じである。

腰部の症状は世界で仕事を休まなければならない原因の筆頭である」。

NO.3
姿勢による腰痛の予防。

腰(こし)の痛みの症状の原因は、体の姿勢に起因するとの1976年のナッケムソンの発言以後、欧州ヨーロッパでは就労中・家事などの対策が行われている。

NO.4
急性腰痛のガイドラインんでは…。

2004年の欧州委員会の腰の症状診療ガイドラインによれば、ヨーロッパでの腰(こし)の病気の一生涯罹患率は84%で、有病割合は23%になります。

NO.5
米国での腰痛事情。

米国でも、おおくの人の腰部の疾病は、要因を断定できない非特異的腰痛のようです。

この原因に関して、ナッケムソンは明確にアカデミーの問題点を指摘しています。

米国アメリカは、腰(こし)の病気の為に1年間に日本のお金で1000億円以上が無駄に使われていると算出されている。

NO.6
日本の腰痛事情。

日本においても、腰部(ようぶ)の疾患が自覚症状のある患者の比率で一番(最多の症状)で、国民の80パーセント以上が腰部(ようぶ)の痛みを経験されています。

多くの人は腰部(ようぶ)の病気を主張しても画像で病原が見当たらないような場合あります。

病原が認められるとしてもそのことが腰の症状の要因でないことも珍しくなく、腰部(ようぶ)の痛みの人の80パーセントは病変場所が、特定できない(原因を特定できない腰痛)。

ブログブログブログ

ブログ
ブログ
カイロプラクティック